KYOTO T CELL CONFERENCE

Kyoto T Cell Conference (KTCC) 会則

第一項(趣旨):
免疫システムの中心的役割を果たすT細胞に関する全分野、とりわけT細胞の分化、の研究を主体とし、未発表データを含む最新の成果について、自由に討論し、相互に切磋琢磨する場とする。

第二項(組織):
1) 代表 1名を置き、運営委員の互選とする。
2) 世話人 6名ほどを置き、運営委員の互選とする。代表と世話人で世話人会をつくり、会の方針を提案する。
3) 会に貢献した退職者を顧問とする。
4) 運営委員 おおよそ40名を置き、運営委員会を開き、会の運営方針を決める。
5) 第一項の趣旨を遂行するために、会の規模として、参加者150名程度とする。
5)代表、世話人、運営委員の任期は4年とし、4年毎に見直す。

第三項(運営方法):
1) 毎年1回、原則的に京都にて学術集会を開催する。
2) 学術集会長(オーガナイザー)は、運営委員からの自薦・他薦に基づき、世話人会で推薦され運営委員会で決定される。学術集会長の任期は、1年とし、再任を妨げない。
3)会計年度は、4月1日に始まり、3月31日に終わる。

第四項(運営費):
1) 会の運営は、質実を旨とする。
2) 学術集会開催の費用(会場費、抄録印刷費、通信費、事務用品費等)は、運営委員の年会費および参加費を主な財源とし、大会への寄付支援を学術集会長(オーガナイザー)が募る。
3) 運営委員年会費は、20,000円、学術集会参加費は、3,000円とし、会の運営にあてる。顧問は会費はなしとする。


組織(2017年3月27日更新)

代表:
河本宏

世話人:
縣保年、糸井マナミ、河本宏、佐藤健人、谷内一郎、堀昌平

顧問:
小野江和則、桂義元、垣生園子、広川勝G

運営委員:
縣保年、秋山泰身、安部良、荒瀬尚、伊川友活、生田宏一、糸井マナミ、井上純一郎、岩淵和也、宇高恵子、樗木俊聡、岡崎拓、小笠原一誠、笠井道之、河本宏、菅野雅元、木村元子、久保允人、後飯塚僚、小安重夫、近藤元就、斉藤隆、坂口志文、佐藤健人、澤新一郎、渋谷彰、鈴木春巳、清野研一郎、高浜洋介、谷内一郎、辻典子、中野直子、中山俊憲、西村泰治、新田剛、橋本香保子、濱崎洋子、林啓太朗、平田多佳子、福井宣規、穂積勝人、堀昌平、前川洋一、松田達志、松本満、湊長博、宮武昌一郎、茂呂和世、八木淳二、安友康二、山崎晶、山下政克、横須賀忠(五十音順)


KTCC ホームへ戻る